2016 年末のご挨拶


2016年も残りわずかになりました。

弊社は、本日で仕事おさめとなります。

2016年末挨拶1440


今年は、4月に大きな組織変更もあり

筆者も、また更に兼任が増えてしまいました、、、

元々体調を崩しやすい方ですが

さずがにここまでくると、

体調を崩しまくりの1年だったように感じます。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<余 談>

毎度のことですが、少し余談を!


売上や効率といったことを考えるときに

良く出てくる「費用対効果」とう言葉があります。

経営者や管理職レベルであれば勿論、

どのような意味か、どんなことをすればよいか、

分かっているはず、、、

だと思う、、、

そうであると願いたい。。。


いたって簡単なことで要約すれば、

かけた費用に対して、

それ以上の効果が出ていれば

「費用対効果」が高い

ということになります。

これは実際に売上が増えるというよりは、

同じ売上でも効率が上がり

付加価値(利益)が増える

といった方が正しい解釈だと思います。

ここで筆者が

気を付けなければいけないと思っているのは、

ある程度数字で簡単に表される費用よりも、

見えにくい費用です。

目先だけに囚われたり、

固定観念で考えると、

「費用対効果」が高いことをしているはずなのに

何故か利益は増えない。


例えば、弊社の中で言うと

「裏紙」の使用などが、

目先だけに囚われた、

固定観念の行動だったように思います。

環境への配慮を考えて、環境ISOを取得後は、

ずっと続けてきた活動であったが、

私が見ている限り不利益なことが多すぎるwww

※一度印刷をした紙の裏側を使えば利益が上がるはず。

確かにそう感じるし、やり方によっては有益だと思う。

但し、この再利用するまでに

コストがかかっていることに目を向ける人が少ない。

※使用が終わった紙を回収してマトメて、
         所定の場所まで持っていって保管する。

これだけでも、かなりの費用が発生している。

何かをすれば、

見えない費用が発生していることに

気が付かなくなってしまう。

もっと問題になるのは、

この一連の「裏紙」を使うという行為が定着した後だ、、、

※「裏紙」が無くなった場合にいくつかの置場を探しまわる。
(筆者は、これを「裏紙おばけ ~~(m- -)m」と名付けている)

この行為は、負のスパイラスと言って過言ではないと思う。

「裏紙」を再利用できる状態にするまでも、

かなりの費用をかけているのに

在庫がないからといって

わざわざ探し回るという費用を更にかける。


長々と書いてしまいました。

まあ、初めからすべてのリスクを考慮して

実行できれば一番いいと思ますが、

なかなか難しいことです。

ならば、リスクだと分かった時点で

どれだけ早めの対応が出来るかが

勝負になります。

これは、何でも同じだと思います。


ちなみに弊社では今、

規程を改訂して推奨していた

「裏紙」の使用を制限する形に変更しています。


「日本ゲージ株式会社」 -公式HP-
日本ゲージHPバナー0360加工内容帯01

5S02.png BCP02.png

  
いいね   YouTube.png   ibarakibanner_m1807.png
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

プロフィール

日本ゲージ

Author:日本ゲージ
 ////////////
 日本ゲージブログへようこそ
 ////////////

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1943位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
157位
サブジャンルランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR