2019年 年末のあいさつ


今年も本日で、営業終了です。

2019年 年末の挨拶3987

皆様のおかげで、2019年も無事終了することができました。

来年は、東京オリンピックがあるので

私たち製造業としては、

仕事に若干の影響が予想されるので懸念しています。

しかし、弊社は弊社らいくやるしかないので

頑張り過ぎずに活動して行こうと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

画像は、ちょっと遊び過ぎました;;;

筆者が子供の頃から好きなSF映画が

どうやらラストとなるらしいので、オマージュとして

作ってみました (^^;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<余 談>

○「SDGs」について書きたいと思います。

※今回も、かなりの長文になります。

2019年は『SDGs経営元年』と言う人もいるほど、

企業がSDGsに感心を持ち取り組みを開始した年だと言います。

中小企業ではありながら、

弊社もこの波にギリギリのところで乗ることが出来ました。

乗り遅れずに何とかスタートをきることが出来たのは

幸いだと感じています。

私がこのSDGsという活動に気が付いたのは、

昨年の中頃だったと思う。

ISOの規格改定に伴う移行が終わり

気持ちに余裕のようなもの持つことができていた。


当時、ISOの主に品質や環境に関する

2015年版への移行が必要となり、

認証取得企業はかなりバタついていた。

弊社は、計画通りに移行までの活動を行うことが出来たので

自力で無事に移行を完了した。

世間では、その他の規格も移行や改定が行われていた。

代表的なものとしては、

労働安全衛生マネジメントが

OHSAS18001からISO45001へ移行されることになり、

食品衛生法の改正によりHACCPが義務化になった。

ある意味旧元号から新元号変わることに伴った

ふさわしい動きだと感じている。

2020年は大イベントである「東京オリンピック」が開催される。

そこに照準を合わせているようにも思える変革だ。

そんな中、SDGsの活動に興味を持ったのは、

弊社として一息つけた時期だったということもある。

しかも、内容を観て観ると

ISO14001の活動に酷似した目標が多かった。

そのころは、今ほどSDGsという言葉を耳にすることもなく、

どのように取り組めばいいのかセミナーなどを探したが、

開催はほんのわずかで簡単に参加できるものは無かった。

SDGsの書籍やISO26000に関するものなどを読んでみたが、

どれも活動の道筋がぼんやりとした感じで

最初から先に進むことが出来ない状態になってしまった。

そこで、他の大企業の取り組みを調べてみることにした。

企業力の違いから経済力を使った取り組みが多く、

そんな活動を観ていると

取り組むのは難しいもののように思えてしまった。

しかし、目線を変えて掘り下げると学校単位の活動や

数は多くないものの

中小企業の取り組みも目にする機会が増えてきた。

はじめから分かってはいたが、この辺りから、

”何も資金を使って、大きな成果を上げることを目標にする必要はない”

という私なりの考えが固まってきた。

ISOの活動も弊社の利益をまず1番に考えている。

SDGsも同様に考えればまったく難しいものではない。

弊社は、17目標の内、7つの目標に対して取り組みを開始した。

”17目標は不可分であり、分けて活動するものではない”

との考えもあるようだが、

そのような形では中小企業は取り組むことが出来ない。

すくなくとも、弊社では無理。

弊社に出来ることを目標とし、

ISOと共にSDGsの活動が結果として

社会貢献につながれば幸いと考えている。

広報担当
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

プロフィール

日本ゲージ

Author:日本ゲージ
 ////////////
 日本ゲージブログへようこそ
 ////////////

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
2013位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
158位
サブジャンルランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR