2020年 年末のあいさつ


本日で、今年の営業は終了です。

鬼滅風 日本ゲージロゴ01


昨年の今頃、世界がこんな状況になるとは、、、

夢にも思っていませんでした。

この状況の中でも、弊社は受注量を確保し

今年は乗り切ることが出来ました。

これも、ステークホルダーの

皆さまがあってこそだと感謝しています。

来年も変わらぬお付き合いをお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の画像も、おもいっきり遊び過ぎてみました。

今は、この話題を取り入れておけば

間違いないかな~と言った感じで

オマージュしてみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<余 談>

【リスクマネジメントとニューノーマル】

※毎度のことですが、長文です。

弊社は、東日本大震災の教訓を生かし、

その翌年からBCPを策定し運用を開始しました。
(BCP:事業継続計画) 

本部に社長、工場長を置き、部長、課長で構成する

事務局員と実行委員で構成され活動する形になっています。

マニュアルには、

責任と権限や緊急時対策の明確化がされています。

そんな備えをした状態でも、

この新型コロナウイルスの感染拡大は

想定を上回るものでした。

そのため策定されたBCPを

そのまま使用することができませんでした。

既存のマニュアルにも

勿論、感染症に関する

リスクマネジメントはされていたのですが

別途策定する形になりました。

経験にもとづいていない

想定での計画には、

どうしても穴が多く明いてしまいます。

それでも、

今年の3月に入り感染拡大が

明確な事実になってきた頃には、

注意喚起やマスク着用の推奨、

手指消毒の徹底など

早期の対策を行うことが出来ました。

これは、BCPの考え方が

あったからこそ出来た行動です。


今後も、 BCPの視点から観た

コロナ禍をどのように活動するか、

災害対策をどのようにしていくかが課題となります。


世界金融危機後に

「ニューノーマル」

と言う言葉がメジャーになりました。

「常識を大きく変える」

と言う意味で使われている言葉です。

(「常識」の解釈は人それぞれだと思いますが、
マジョリティな考え方と判断願います)

ここまで約1年続いているコロナ禍では、

世界経済、大都市への一極集中、

働き方、生活習慣など、

これまで当たり前と思っていたことを

変えることが余儀なくされています。

弊社もそうですが多くの企業では、

従来の仕事の仕方に

行き詰まりを感じているのではないでしょうか?

今月中旬に報道があった賞与の支給額調査では、

大多数の企業が減額になる中、

一部では増額になっているとの話もあります。

これまでこのような危機に対して、

多くのイノベーションが生まれてきました。

何か動きださなければ、

何も変えることが出来ない。

動き出すことが出来たところが

生き残れるのだと感じています。

弊社のような中小企業では

大きなことはできません。

しかし、ニューノーマルが求められる環境では

既成概念や過去の成功体験に囚われない

活動が必要になります。

また同時に、現在忘れがちになっている

地震や水害、風害などへの備えも大切です。

感染に細心の注意をはらいながら、

経済活動のレベルを上げていく必要があります。

何がリスクであり、何が機会となるのか

今まで以上に考えて行動することを

心掛けたいと考えています。

  広報担当
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

プロフィール

日本ゲージ

Author:日本ゲージ
 ////////////
 日本ゲージブログへようこそ
 ////////////

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
1943位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
絵日記
157位
サブジャンルランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR