2018年 年末のあいさつ


今年も、本日で営業終了となります。

年末の挨拶2018

皆様のおかげで、2018年を終了できます。

来年は、新年号になり

気持ちを切り替えるのにはいい年になるのではと

思っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<余 談>

○今回は、「働き方改革」について書きたいと思います。

※かなり長文になりますので、ご注意ください!

【今後の働き方】
2019年4月より、政府が進める「働き方改革」なる法律が段階を追って施行されます。
弊社は、中小企業と言われる部類の会社なので、2020年4月から本格的な施行となり1年間の猶予期間があります。
しかし、1年などという期間はあっと言う間に過ぎてしまいます。
大企業にとっても大変だと思いますが、中小企業にとってはより一層厳しいものだと感じています。
そう言えば、最近気が付いたので、定かではないのですが「年次有給休暇の確実な取得」については中小企業でも、どうやら猶予がなかったようです!?
弊社の来年のカレンダーを見ると、しっかり5日間の有給消化日が組み込まれていたので安心しました。
”全社員に5日間以上の有給取得”となると、このような方法しかなくなります。
こんな事で、指導を受けるのは遠慮したいところです。
そうなると、まず目先のものとして『時間外労働の上限規制』が難題です。
”45時間/月、360時間/年”私の記憶が確かであれば、このような規制が必要になります。
月の時間外労働時間だけを見てみると、休日出勤をしなければ毎日2時間は残業が出来る計算になるので、そんなに厳しい規制ではないように見えます。
しかし、360時間/年というのを見落としてはいけません。
この時間を月として計算すると、何と30時間/月になってしまうのです。
休日出勤をせずに、毎日2時間の残業をすると、月の最後の週は残業がまったくできないということになります。
こうなってくると、かなり厳しい規制であることが分かります。(実際には、若干の緩和措置が考慮はされています)
一般社員のみなさんは、残業が減って仕事が減るのでありがたい!なんて安易に思っているかもしれません。
これまた間違えで、仕事が減るのではなく、今までやっていた仕事(または、それ以上の仕事)を規制の範囲内で行わなければならないことになります。
今までのように安易に36協定の変更をすることは厳禁なので八方塞がりの状態です。
根本的な働き方の改善をしていくしかないということです。
最近の日本は先進国の中でもGDP(国内総生産)がかなり低い!?マイナスだ!なんて話を聞いたことがあります。
主な先進国でも少子高齢化は進んでいます。
つまりどこでも働き手が少なくい状態です。
それでもGDPがプラスに転じているということは、働き方に違いがあるということになります。(ドイツ発のインダストリー4.0 etc.)
日本は、どちらかと言えば戦後の復興など人海戦術で乗りきってきた感は否めません。
そこに来て少子高齢化。
働き手がいないので過重労働。
完全に負のスパイラルに陥っています。
中小企業でも、ブルーカラーだけではなく、ホワイトカラーにも目を向けた自動化(RPA etc.)を進めていく方向にシフトする必要があると思います。
具体的な案が提示出来ないのが、今の私の未熟なところですが、中小企業という小規模な企業帯だからこそできることがあると思います。
政府もソサエティー5.0と称してAI、IoT、ICTの活用で未来型社会の推奨をしています。
数週間前には2019年度のものづくり補助金など数種類を含めた補助金の総額が1100億円になるなんて話が話題になりました。
使えるものはなんでも使って生き抜いていくしかないのだと思います。
まずは、凝り固まった考え方の改善が必要ですね、、、 年末にちょっと暗い話をしてしまいました。
しかし、目を背けてはいけない事実なのであえて書いてみました。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

「日本ゲージ株式会社」 -公式HP-
日本ゲージHPバナー0360加工内容帯01

3Sロゴ02 BCP02.png

  
いいね   YouTube.png   ibarakibanner_m1807.png
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメント

非公開コメント

プロフィール

日本ゲージ

Author:日本ゲージ
 ////////////
 日本ゲージブログへようこそ
 ////////////

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR